TwitterのAPI呼び出しの回数制限を超えましたとは何?対処方法を調査

WRITER
 
Twitter API呼び出しの回数制限を超えました 意味 対処方法
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

今回も気になるにゅーすについて取り上げていきたいと思います。

さて、今回取り上げるのは、Twitter上でのあ「API呼び出しの回数制限を超えました」というもの。

これは一体どういう意味なのか、そして対処方法などはあるのか調査してみました。

それではまいりましょう。




API呼び出しの回数制限を超えましたとは?

Twitterアプリの通知タブを開いてみると次のようなメッセージを受け取った人も多いのではないでしょうか?API呼び出しの回

数制限を超えました
しばらくしてからやり直してください

突然の通知で驚いた人もいると思います。

 

メッセージの意味

このメッセージの意味としては、APIを何度も利用して回数制限を超えたということです。

APIとはざっくり言うとTwitterを利用する通信の1つなのですが、それの利用が回数制限を超えたということを意味します。

つまり、Twitterを閲覧したり投稿したりする回数が制限を超えていますよというメッセージですね。

原因は何?

ただ、今まで同じように利用していてもこのようなメッセージを受け取ったことがないという人は多いはず。

そこで、なぜAPIの呼び出しの回数制限を超えましたというメッセージが来たのかを考えてみました。

考えられるのは、やはりTwitterの不具合。

3月25日に起点に急増しているようなので、Twitterアプリの最新版が不具合を起こしている可能性は高いです。




対処方法

そこで考えられる対処方法ですが、不具合修正を待つのがベストだと思います。

今までになかったエラーなので、設定を変えてしまうとシステムとは関係ないエラーが出てしまう可能性もありますので。

これまで問題なく使えていたのに、急にメッセージが来るようになったのならば、Twitterのサービス提供側の不具合修正を待つのがベストだと思います。

※関連記事

にじさんじのかわいいランキングはどこを見ればいい?Twitterを調査

ブラウザ版は大丈夫という報告も

今回のエラーは、アプリ版のTwitterでの報告ということもあり、ブラウザ版では問題なく使えるようです。

なので、Twitter自体を使うことを諦める必要はなくブラウザ版(ネットからTwitterにログイン)して使ってみてください。

それでは。





この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© ニューワールドほんのり , 2022 All Rights Reserved.